ニュース

文教大学

2020.03.02メディア情報文教生の活動

【湘南校舎】国際学部の学生がJR東日本より感謝状を受贈しました

2020年1月20日、文教大学湘南キャンパスにて、JR東日本から文教大学国際学部学生に感謝状が贈呈されました。近年増加している外国人利用者へのサービス向上を目的とした、JR茅ケ崎駅と文教大学国際学部の共同プロジェクトにより行われてきた各種取り組みが評価されました。

外国人利用者へのサービス向上を目的とした、このプロジェクトは、2017年に茅ヶ崎駅の担当者から駅の英語アナウンスの協力依頼を受けたことから始まりました。文教大学湘南キャンパスが茅ヶ崎駅からバスで約25分の場所に位置していることもあり、「毎日の通学に利用する身近な駅で、身近な企業と関われる絶好の機会」と、多くの学生が参加。英語アナウンスの放送開始以降も学生が様々な提案を行い、約2年間で駅構内英語アナウンスのほか、駅構内に掲載する観光案内ポスターの作成や、駅員への英語指導(ロールプレイング形式)、中国語アナウンスの実施などの取り組みを実施しました。

今後も活動を継続し、取り組みの範囲を周辺駅にも広げていく予定です。

本件について、2月28日号のタウンニュース茅ヶ崎版に記事が掲載されました。
詳細は以下をご覧ください。

■タウンニュース 2020年2月28日号
「文教大生がJRから感謝状」
※指導を担当した阿野教授、プロジェクトリーダーの鈴木さん、副リーダーの矢島さんが取材を受けました。

■本件についてのプレスリリースはこちら

■関連記事(本学大学ニュース)
【湘南校舎】国際学部の学生が制作に協力した、JR茅ケ崎駅の構内英語アナウンスが放送開始されました

問い合わせ